論文 2020.01.16
中務尚子弁護士が執筆した「進歩性判断における効果の考え方」が、知財ぷりずむ2020年1月号(知的財産情報センター)に掲載されました
セミナー 2020.01.16
錦野裕宗弁護士の講演予定

開講日:2月4日(火)18:00~20:00

テーマ:「保険監督行政の「コンプライアンス」から 「顧客本位の業務運営」への変遷にどう対応するか」

主 催:公益財団法人 損害保険事業総合研究所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

 
ニュース 2020.01.10
山本淳也弁護士、藤野琢也弁護士、下岸弘典弁護士、谷崇彦弁護士が入所しました
セミナー 2020.01.10
インサイダー取引防止セミナー「インサイダー取引の未然防止と情報管理に係る留意点」を実施いたします。

東京開催:2020年2月21日(金)

大阪開催:2020年2月26日(水)

 

・詳しくはこちらをご覧下さい。

 
論文 2020.01.08
金融法務事情No.2129(2020年1月10日号)に、錦野裕宗弁護士が執筆した「外貨建保険窓販に関するトラブルの防止と対応」が掲載されました。
論文 2019.12.26
加藤幸江弁護士及び中務尚子弁護士が執筆した「育成者権の確実なる保護に向けて ―種苗法改正への示唆―」が、Law&Technology第86号(民事法研究会 令和2年1月1日発行)に掲載されました。
論文 2019.12.26
金融法務事情(2019年12月25日号、No.2128)に、金澤浩志弁護士が執筆した「FATF審査はマネロン等対策の「一里塚」――「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題(2019年9月)」(令元.10.21)――」が掲載されました。
セミナー 2020.01.16
錦野裕宗弁護士の講演予定

開講日:2月4日(火)18:00~20:00

テーマ:「保険監督行政の「コンプライアンス」から 「顧客本位の業務運営」への変遷にどう対応するか」

主 催:公益財団法人 損害保険事業総合研究所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2020.01.10
インサイダー取引防止セミナー「インサイダー取引の未然防止と情報管理に係る留意点」を実施いたします。

東京開催:2020年2月21日(金)

大阪開催:2020年2月26日(水)

 

・詳しくはこちらをご覧下さい。

セミナー 2019.11.20
錦野裕宗弁護士が、2019年11月8日、日本損害保険鑑定人協会主催の「損害保険鑑定人フォーラム」において、「損害保険鑑定人の「顧客本位」とは?」のテーマで講演を行いました。
セミナー 2019.11.05
京都事務所で藤井康弘弁護士(ニューヨーク州弁護士)が講師を務める英文契約書勉強会(第21期:2020年1月-3月)がスタートいたします。

当勉強会は、企業の法務担当者の方を交え、英文契約書の基本習得を目指す少人数制の勉強会です。今回は初級者向けとして、新たに英文契約書を扱う方にもわかりやすく、基礎を理解できる内容としています。詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

セミナー 2019.10.23
國吉雅男弁護士が令和元年10月23日に一般社団法人全国地方銀行協会主催の「部長経営講座」において、「最近の金融行政の動向と内部監査部門の課題」というテーマで講義を行いました。
セミナー 2019.08.01
京都事務所で藤井康弘弁護士(ニューヨーク州弁護士)が講師を務める英文契約書勉強会(第20期:2019年10月-12月)がスタートいたします。

当勉強会は、企業の法務担当者の方を交え、英文契約書の基本の習得を目指す少人数制の勉強会です。第11期より中級者向けとして、より実務的、実践的な内容としています。詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

セミナー 2019.07.18
金澤浩志弁護士と髙橋瑛輝弁護士が、2019年7月12日(東京)、同月17日(大阪)、一般社団法人金融財政事情研究会主催の「金融コンプライアンス研究会」において、「マネロン・テロ資金供与リスクの遮断への対応 ~リスク遮断と全銀協「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドラインを踏まえた普通預金規定・参考例」~」というテーマで講演及びパネルディスカッションを行いました。
論文 2020.01.16
中務尚子弁護士が執筆した「進歩性判断における効果の考え方」が、知財ぷりずむ2020年1月号(知的財産情報センター)に掲載されました
論文 2020.01.08
金融法務事情No.2129(2020年1月10日号)に、錦野裕宗弁護士が執筆した「外貨建保険窓販に関するトラブルの防止と対応」が掲載されました。
論文 2019.12.26
加藤幸江弁護士及び中務尚子弁護士が執筆した「育成者権の確実なる保護に向けて ―種苗法改正への示唆―」が、Law&Technology第86号(民事法研究会 令和2年1月1日発行)に掲載されました。
論文 2019.12.26
金融法務事情(2019年12月25日号、No.2128)に、金澤浩志弁護士が執筆した「FATF審査はマネロン等対策の「一里塚」――「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題(2019年9月)」(令元.10.21)――」が掲載されました。
論文 2019.11.20
錦野裕宗弁護士が委員として活動した、国土交通省「制度施行10年経過を見据えた住宅瑕疵担保履行制度のあり方に関する検討会」の報告書が、同省より公表されました。
論文 2019.10.31
銀行法務21(2019年11月号、No.849)に、國吉雅男弁護士が執筆した「マネロン・テロ資金供与対策の態勢整備のチェックポイント-第3線(内部監査部門)は有効に機能しているか」が掲載されました。
論文 2019.10.18
ウェブサイト「BUSINESS LAWYERS」に西中宇紘弁護士の執筆した「36協定(さぶろく協定)と改正労働基準法で定められた労働時間の上限規制とは」が掲載されました。
書籍 2019.11.20
國吉雅男弁護士、金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆しました書籍「金融機関行職員のためのマネー・ローンダリング対策Q&A」[第2版]が経済法令研究会より上梓されました。
書籍 2019.10.03
当事務所が執筆した『暮らしとお金Vol.6 民法改正Q&A』(ビジネス教育出版社)が出版されました。 執筆担当:小林章博弁護士、錦野裕宗弁護士、古川純平弁護士、松本久美子弁護士、赤崎雄作弁護士、角野佑子弁護士、髙橋瑛輝弁護士、西中宇紘弁護士、江藤寿美怜弁護士、祐川友磨弁護士、山本浩平弁護士、丸山悠弁護士、金木伸行弁護士、西川昇大弁護士
書籍 2019.10.02
中務尚子弁護士がJapan Chapterを執筆した『The International Comparative Legal Guide to: Patents 2020』が英国のGlobal Legal Groupから出版されました。
書籍 2019.05.23
錦野裕宗弁護士と金澤浩志弁護士がJapan Chapterの執筆に参加した『The Legal 500: 3rd Edition Insurance & Reinsurance Comparative Guide』が英国のLEGALEASE社から出版されました。
書籍 2019.04.15
錦野裕宗弁護士と金澤浩志弁護士がJapan Chapterの執筆に参加した『The International Comparative Legal Guide to: Insurance & Reinsurance 2019 (8th Edition)』 が英国のGlobal Legal Groupから出版されました。
書籍 2019.03.25
山田晃久弁護士が執筆に参加した『最新契約書モデル文例集』(新日本法規)が出版されました。
書籍 2019.03.25
國吉雅男弁護士・堀越友香弁護士が、『情報ネットワークの法律実務』(第一法規)の「仮想通貨に関する法規制と課題」の章を執筆しました。