セミナー 2019.02.14
錦野裕宗弁護士が講演した「エグゼクティブセミナー」(生命保険会社主催)の内容が金融経済新聞(2019年2月11日号)に掲載されました。
 
論文 2019.02.04
錦野裕宗弁護士、髙橋瑛輝弁護士が講演した「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)の要点」の内容が「共済と保険」(2019年2月号)に掲載されました。
ニュース 2019.02.01
中務正裕弁護士が、貝塚市新庁舎整備事業(PFI事業)に係る事業者選定委員会委員を委嘱され、就任いたしました
書籍 2019.01.30
当事務所オブカウンセルである森本滋京都大学名誉教授の指導を得て、当事務所の所属弁護士が執筆した「合同会社の法と実務」が商事法務より出版されました。
セミナー 2019.01.28
京都事務所で藤井康弘弁護士(ニューヨーク州弁護士)が講師を務める英文契約書勉強会(第18期:平成2019年4月-6月)がスタートいたします。

当勉強会は、企業の法務担当者の方を交え、英文契約書の基本の習得を目指す少人数制の勉強会です。第11期より中級者向けとして、より実務的、実践的な内容としています。詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

 
論文 2019.01.25
金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿「マネロン・テロ資金供与リスクの遮断と留意点」が金融法務事情(2019年1月25日号)に掲載されました。
論文 2019.01.24
近代セールス社の『バンクビジネス』(2019年1月15日号)に堀越友香弁護士が執筆しました「解いて理解する法務の基本講座(第7回)振込みの成立と取消・組戻」が掲載されました。
セミナー 2019.02.14
錦野裕宗弁護士が講演した「エグゼクティブセミナー」(生命保険会社主催)の内容が金融経済新聞(2019年2月11日号)に掲載されました。
セミナー 2019.01.28
京都事務所で藤井康弘弁護士(ニューヨーク州弁護士)が講師を務める英文契約書勉強会(第18期:平成2019年4月-6月)がスタートいたします。

当勉強会は、企業の法務担当者の方を交え、英文契約書の基本の習得を目指す少人数制の勉強会です。第11期より中級者向けとして、より実務的、実践的な内容としています。詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

セミナー 2018.12.29
國吉雅男弁護士の講演予定

開催日:2月8日(金)9:00~11:30

テーマ「第4次FATF対日相互審査に向けたRBAの実践と効果的な顧客リスク格付の手法」

主催:金融ファクシミリ新聞社

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2018.12.29
國吉雅男弁護士の講演予定

開催日:1月29日(火)13:30~16:30

テーマ:「FATF第4次対日相互審査に向けたマネー・ローンダリング等対応の最終チェックとリスク管理態勢の高度化」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

【セミナー詳細】

【オンライン受講】

セミナー 2018.12.28
錦野裕宗弁護士の講演予定

開講日:1月23日(水)18:00~20:00

テーマ:「保険会社等実務における保険業法上の諸問題」

主 催:公益財団法人 損害保険事業総合研究所


※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2018.12.26
錦野裕宗弁護士が2018年12月13日、全国共済生活協同組合連合会の「第54回事務担当者研修会」にて「共済・保険に求められる情報品質およびその向上について~『分かりやすさ』に終わりはない~」とのテーマで講演を行いました。
セミナー 2018.12.26
錦野裕宗弁護士が2018年11月12日、一般社団法人 東京損害保険代理業協会にて「顧客本位の業務運営と金融庁の保険監査行政の動向~今のままで生き残れるのか~」とのテーマで講演を行いました。
論文 2019.02.04
錦野裕宗弁護士、髙橋瑛輝弁護士が講演した「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)の要点」の内容が「共済と保険」(2019年2月号)に掲載されました。
論文 2019.01.25
金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿「マネロン・テロ資金供与リスクの遮断と留意点」が金融法務事情(2019年1月25日号)に掲載されました。
論文 2019.01.24
近代セールス社の『バンクビジネス』(2019年1月15日号)に堀越友香弁護士が執筆しました「解いて理解する法務の基本講座(第7回)振込みの成立と取消・組戻」が掲載されました。
論文 2019.01.04
髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿「マネロン・テロ資金供与対策における実効性向上のために――実務対応上の留意点と課題」が銀行法務21(2019年1月号)に掲載されました。
論文 2018.12.27
保険学雑誌 第643号の【保険法制定10年】特集に、錦野弁護士が執筆した論文「保険法制定10年で振り返る、告知義務に係る募集・解除(支払)実務の近時の変容」が掲載されました。
論文 2018.12.26
労政時報No.3964(2018年12月28日発行)に、大澤武史弁護士、山本一貴弁護士が執筆した「民法改正による人事労務分野への影響」に関する記事が掲載されました。
論文 2018.12.07
銀行法務21(2018年12月号)に金澤浩志弁護士が執筆した『今月の解説 平成30事務年度金融行政方針・金融レポートと地域金融機関における経営者の役割およびガバナンス』に関する記事が掲載されました。
書籍 2019.01.30
当事務所オブカウンセルである森本滋京都大学名誉教授の指導を得て、当事務所の所属弁護士が執筆した「合同会社の法と実務」が商事法務より出版されました。
書籍 2018.12.20
中務正裕弁護士、赤崎雄作弁護士がJapan Chapterを執筆した「Employment & Labour Law 2019 7th Edition」(雇用/労働法7th edition 2019年版)が英国の出版社Global Legal Group (GLG)から出版されました。
書籍 2018.11.02
金澤浩志弁護士、山田晃久弁護士、浦山周弁護士、江藤寿美怜弁護士、祐川友磨弁護士、山本浩平弁護士、丸山悠弁護士が執筆しました書籍「別冊商事法務No.436 取締役会評価の現状(平成30年版)-国内外の開示事例の分析-」が株式会社商事法務より上梓されました。
書籍 2018.10.24
当事務所オブカウンセルである森本滋京都大学名誉教授の指導を得て、当事務所の所属弁護士が執筆した「企業不祥事のケーススタディ 実例と裁判例」が商事法務より発刊されました。実際に起きた不祥事を題材に考察した、企業の必携書となります。
書籍 2018.09.10
中務尚子弁護士がJapan Chapterを執筆した『The International Comparative Legal Guide to: Patents 2019』が英国のGlobal Legal Groupから出版されました。
書籍 2018.06.22
中務正裕弁護士がJapan Chapterを執筆した「Global Legal Insights – Merger Control」(独占禁止法における企業結合規制)Seventh Editionが英国Global Legal Group (GLG)から出版されました。
書籍 2018.04.20
中務正裕弁護士がJapan Chapterを執筆した「The International Comparative Legal Guide to: Enforcement of Foreign Judgments 2018」(ICLG 外国判決の承認と執行 3rd edition 2018年版)が英国の出版社Global Legal Group (GLG)から出版されました。