ホーム > > 弁護士等紹介 > 堀越 友香

弁護士等紹介

堀越 友香

堀越 友香 Yuka Horikoshi 所属弁護士
東京

取扱業務 金融法務(特に貸金業法、資金決済法、金融商品取引法等の金融規制に係る対応全般)、法的倒産手続、事業再生(中小企業再生支援協議会・地域経済活性化支援機構等を活用する場合を含む)、危機対応、企業法務全般、訴訟・非訟事件
学歴 慶應義塾大学文学部
言語 日本語、英語

特色・得意分野など

2014年9月末までの2年間半、金融庁監督局総務課金融会社室(信用機構対応室併任)に在籍し、貸金業者や資金決済業者・資金移動業者への監督、貸金業法・資金決済業法の解釈に関する法令照会への対応、貸金業法施行令の改正(グループ会社間貸付に関する規制緩和)、グローバルなシステム上重要な金融機関の破綻処理のための制度整備、地域経済活性化支援機構の制度整備及び監督等に携わりました。これら金融当局での監督経験を踏まえ、金融規制全般に係る法的アドバイスや金融機関のコンプライアンス体制整備支援等を行っています。


上記の金融規制対応に加え、プロジェクトファイナンスその他の金融取引や投資ファンドの組成、事業再生・法的倒産手続、小売量販店やメーカー(建築資材・食品・衣料品・製薬等)等の会社の企業法務、及び民事訴訟・非訟事件でも経験を積んでおります。

手がけた主な事件・案件

【金融法務】
・金融規制(貸金業法、資金決済法、金融商品取引法等)に係る法的アドバイス・意見書作成
・金融商品取引業者の業登録・コンプライアンス対応支援
・プロジェクトファイナンス契約その他のファイナンス契約
・投資ファンドの組成・募集・運営(ベンチャーキャピタル等)

 

【事業再生・倒産】
・法的手続(民事再生・会社更生・破産・特別清算)における申立代理人・管財人・管財人代理・監督委員代理等
・私的整理手続や特定調停における申立代理人(事業譲渡その他の組織再編行為を含む)
・個人版私的整理ガイドラインの登録専門家

 

【企業法務】
・商取引及び不動産取引に係る紛争解決・意見書作成、債権回収
・危機対応業務(社内調査・調査報告書作成等)
・コンプライアンス対応、組織体制及び規定の整備、契約関連業務、株主総会対応支援、その他企業法務一般

 

【訴訟】
・株主代表訴訟、損害賠償請求訴訟、不当利得返還請求訴訟、不動産関連訴訟、請負代金請求訴訟、遺産分割訴訟その他の相続関連紛争等

主な経歴・役職

2001年4月~2003年3月
岩手県庁

 

2006年10月
最高裁判所司法研修所終了(59期)
東京弁護士会登録
坂井・三村法律事務所(ビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業))入所

 

2012年4月~2014年9月
金融庁監督局総務課金融会社室(信用機構対応室併任)出向

 

2014年10月~2015年3月
ビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業)

 

2015年4月
弁護士法人中央総合法律事務所入所

 

2007年~
東京弁護士会倒産法部会会員

 

2015年~
東京弁護士会金融取引法部会会員

論文

論文
「海外現地法人への企業グループ間の資金融通と金融規制」『BUSINESS LAW JOURNAL 5月号』(2017)
論文
「平成28年改正割賦販売法の概要 ―クレジットカード利用環境の安全性・安心性の向上に向けて―」『金融法務事情』(2017)
論文
「FinTechに対する法規制と最新動向」『会社法務A2Z 11月号』(共著、2016年)
論文
「FinTech等の新たな金融サービスに対応した資金決済法等の改正案」『金融法務事情』(2016)
論文
「グループ会社間の貸付および共同出資者から合弁会社への貸付を貸金業規制の適用除外とするための貸金業法施行令等の改正」『金融法務事情』(共著、2014)
論文
「行政官レポート:貸金業法施行令等の一部改正について」『金融ジャーナル』(共著、2014)
論文
「『株式会社企業再生支援機構法の一部を改正する法律』の解説」『金融法務事情』(共著、2013)
論文
「「株式会社企業再生支援機構法の一部を改正する法律」の概要」『金融財政事情』(共著、2013)
堀越 友香
取扱業務 金融法務(特に貸金業法、資金決済法、金融商品取引法等の金融規制に係る対応全般)、法的倒産手続、事業再生(中小企業再生支援協議会・地域経済活性化支援機構等を活用する場合を含む)、危機対応、企業法務全般、訴訟・非訟事件
学歴 慶應義塾大学文学部
言語 日本語、英語