ホーム > > ニュース > 2012年

ニュース

12月
書籍 2012.12.29
出版案内(中務正裕弁護士)

中務正裕弁護士がJapan Chapterを執筆する”Enforcement of Foreign Judgments”(外国判決の承認と執行)の2013年版が発行されました。国際裁判管轄に関する民事訴訟法の改正を反映しております(Getting The Deal Through (GTDT)シリーズ)。日本チャプターをご覧になりたい方は、こちらからご覧ください。

The 2013 edition of “Enforcement of Foreign Judgments” has been published featuring a chapter on Japan by Masahiro Nakatsukasa, a partner at Chuo Sogo. The chapter considers the recent revisions to the Code of Civil Procedure dealing with international jurisdiction. For those interested, a link to the Japanese chapter is available from our publications page.

セミナー 2012.12.27
錦野裕宗弁護士の講演予定

2013年2月22日(金) 午後6時30分~8時30分
テーマ:2012年度 損害保険特別講座
「【福岡開催】保険会社における苦情対応の実務」
-監督当局の着眼点の分析や、実務での防止・解決に係る実践的対応策など-
会 場:福岡センタービル10階会議室(福岡市博多区博多駅前2-2-1)
主 催:公益財団法人 損害保険事業総合研究所
詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

セミナー 2012.12.18
中務正裕弁護士の講演予定(日本監査役協会)

中務正裕弁護士が、平成24年12月20日、日本監査役協会(関西支部)において、
「失敗しないM&A ~事例研究による監査役監査のポイント~」と題して、増加するM&A取引について監査役の観点からのチェックポイントを中心に講演します。

11月
ニュース 2012.11.29
平成24年11月より、金澤浩志弁護士が、シンガポール外国法弁護士の登録を受け、同国のローファームRodyk & Davidson LLPにて、Foreign Lawyer (日本法)として勤務しております。

金澤弁護士は、同事務所にて、主にM&A、ジョイントベンチャー、クロスボーダー取引等の案件に関与する予定です。

ニュース 2012.11.09
「金融法務事情」に論文が掲載されました。

中光弘弁護士、平山浩一郎弁護士、古川純平弁護士、中村健三弁護士、大平修司弁護士、植村公彦弁護士が共同で執筆した「法的整理手続に関するいくつかの意見-債権者側からの視座-」が「金融法務事情」(No.1957 / 2012年11月10日号)に掲載されました。

セミナー 2012.11.09
村野譲二弁護士の講演予定

村野譲二弁護士が、平成24年11月16日(金)、 関西経済連合会において、「事例から学ぶ労使トラブルへの対応」と題して、不払残業問題への対応と労働時間管理、合同労組への初動対応と留意点を中心に講演します。

セミナー 2012.11.08
錦野裕宗弁護士・大平修司弁護士の講演予定

2012年11月29日(木) 午後5時00分~午後6時10分
テーマ: 「保険会社・保険会社グループの業務に係る保険業法上の実務論点(保険会社・子会社等の業務範囲規制、アームズ・レングス・ルール、その他グループ会社管理上の留意点)」
会 場:ベルサール神田 セミナー会場A
    (東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル 2・3F)
主 催:株式会社セミナーインフォ
詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。ありがとうございました。

10月
セミナー 2012.10.26
中務尚子弁護士の講演予定

中務尚子弁護士が、平成24年11月16日(金)、日本知的財産協会において、「企業経営と営業秘密管理」と題し、営業秘密や従業員の競業避止義務についての仕組み、トラブルへの対応方法について、近時の重要判例を織りまぜて講演します。

書籍 2012.10.23
柿平宏明弁護士が編集委員として編集及び執筆に加わり、赤崎雄作弁護士及び中村健三弁護士が共同執筆者に加わった「Q&A 企業活動のための消費者法 -消費者トラブルを予防して円滑な企業活動を進めるために-」が民事法研究会より発刊されました。
8月
ニュース 2012.08.31
平成24年8月より、金澤浩志弁護士が、シカゴのローファームBarack Ferrazzano Kirschbaum & Nagelberg LLPにて、Visiting Attorneyとして勤務しております。

金澤弁護士は、同事務所にて、主にM&A案件及び金融規制法関連業務に関与する予定です。

ニュース 2012.08.13
平成24年7月より、中野清登弁護士が、国際的な法律事務所であるCleary Gottlieb Steen & Hamilton LLP (クリアリー・ゴットリーブ・スティーン・アンド・ハミルトン)のワシントンDCオフィスにて、Law Clerkとして勤務しております。

中野弁護士は、同事務所にて、主に反トラスト法案件に関与する予定です。

書籍 2012.08.01
中務正裕弁護士が行った講演、「最近の動産、債権担保の実務上の留意点 ~動産・債権譲渡特例法からABLの現状と問題点まで~」が、日本弁護士連合会編「現代法律実務の諸問題」(第一法規)に収録され、出版されました。
ニュース 2012.08.01
海外の法律雑誌Asian Legal Business(ALB, ロイター社)におけるアジアの次世代都市の特集において、大阪の法律事務所として弊事務所がマーケットリーダーとして紹介され、ランキング入りしました。中務正裕弁護士が昨年担当したインドにおけるM&A取引についても紹介されています。

Chuo Sogo was recently ranked one of the best full-service law firms in Osaka by Asian Legal Business in its “Next-Generation Cities” report. The article calls Chuo Sogo a “market leader” and featured partner Masahiro Nakatsukasa for his work on cross-border M&A transactions. The full article is available at
http://asia.legalbusinessonline.com/contents/features/108831/2/details.aspx
.

7月
ニュース 2012.07.09
「季刊 事業再生と債権管理」(2012年7月5日 夏号)に、以下のとおり各弁護士の「会社法制の見直しにかかる中間試案」に関する論文がそれぞれ掲載されました。

太田浩之弁護士 企業統治と社外取締役と監査・監督委員会設置会社制度
古川純平弁護士 親子会社法制に係る事項~多重代表訴訟について~
赤崎雄作弁護士 キャッシュ・アウトと株式公開買付けの強圧性
柿平宏明弁護士 組織再編と会社分割のあり方

ニュース 2012.07.06
平成24年7月より、稲田行祐弁護士が、アメリカ・カリフォルニア州のUniversity of Southern California ロースクールに留学いたします。

実務研修等を含め約3年を予定しております。

セミナー 2012.07.04
錦野裕宗弁護士の講演予定

2012年7月27日(金) 午後6時30分~8時30分
テーマ:2012年度 損害保険特別講座 「【近畿開催】保険会社における苦情対応の実務」
    -監督当局の着眼点の分析や、実務での防止・解決に係る実践的対応策 など-
会 場:(社)日本損害保険協会 近畿支部会議室(大阪市中央区北浜2-6-26 大阪グリーンビル9階)
主 催:公益財団法人 損害保険事業総合研究所
詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

6月
セミナー 2012.06.21
小林章博弁護士の講演予定

2012年8月21日(火) 午後6時~8時
テーマ:「事業承継で知っておくべき法律知識」
会 場:京都商工会議所 3階 「役員室」
主 催:京都商工会議所
詳細はこちらからご覧ください。

※申込みのご希望がございましたら、
弁護士法人中央総合法律事務所 京都事務所(電話075-257-7411 FAX075-257-7433)
までお問い合わせください。

書籍 2012.06.20
錦野裕宗弁護士と稲田行祐弁護士が共同で執筆した『保険業法の読み方:実務上の主要論点 一問一答』が保険毎日新聞社から出版されました。 また、保険毎日新聞2012年6月12日号に、同書執筆に関するインタビュー記事が掲載されました。
ニュース 2012.06.15
2012年6月7日付で、錦野裕宗弁護士が、金融庁金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」の専門委員に就任しました。
ニュース 2012.06.01
法科大学院卒業者対象のサマークラークの募集要項を掲載しました。
5月
ニュース 2012.05.29
錦野裕宗弁護士が執筆した『金融ADR対応の着眼点-制度・手続の特徴と対応時の10の原則-』が「金融法務事情」(2012年5月25日号)に掲載されました。
セミナー 2012.05.07
錦野裕宗弁護士の講演予定

2012年6月6日(水) 午後6時~8時
テーマ:「保険会社における苦情対応の実務」
    -監督当局の着眼点の分析や、実務での防止・解決に係る実践的対応策 など-
会 場:損保会館 会議室(東京都千代田区神田淡路町2-9)
主 催:公益財団法人 損害保険事業総合研究所
詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

セミナー 2012.05.07
錦野裕宗弁護士・中村健三弁護士の講演予定

2012年5月25日(金) 午前10時50分~12時
テーマ:「反社会的勢力対応の実務に関するケーススタディと10の処方箋」
会 場:ベルサール神田 セミナー会場A
(東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル 2・3F)
主 催:株式会社セミナーインフォ
詳細、お申し込みはこちらからご覧ください。

※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。ありがとうございました。

4月
ニュース 2012.04.02
植村公彦弁護士が入所しました。
3月
セミナー 2012.03.26
小林章博弁護士の講演予定

2012年6月1日(金) 午後2時~4時
テーマ:「平成24年株主総会にむけた監査役の留意点」
会 場:アオッサ(福井市地域交流プラザ)6階 「601研修室BC」
主 催: 公益法人日本監査役協会中部支部

セミナー 2012.03.05
セミナーのご案内

春の会社法セミナー
~森本滋弁護士を迎えて~

【大阪会場】
日時:平成24年4月9日(月) 14時~17時
テーマ:
「内部統制システムと取締役・監査役」
パネルディスカッション
~内部統制に関する実務の目線、会社法改正動向の目線~
会場:リーガロイヤルホテル大阪 ペリドット(2階)

【京都会場】
日時:平成24年4月12日(木)13時30分~16時30分
テーマ:
「子会社管理と取締役・監査役の責任」
「企業不祥事から考察する内部統制とコンプライアンス」
会場:ホテルモントレ京都アークハート(1階)

【東京会場】
日時:平成24年4月17日(火)13時~16時
テーマ:
「子会社管理と取締役・監査役の責任」
パネルディスカッション
~関連会社取引の具体的な問題を巡って~
会場:ホテルニューオータニ 翠鳳の間

すべて参加費無料

※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。ありがとうございました。

ニュース 2012.03.02
安保智勇弁護士・金澤浩志弁護士・大平修司弁護士が上告人を代理した配当異議事件の上告審で、最高裁判所は、当方の主張を認めて高裁の判決を破棄する判決を出しました。

最高裁判所平成24年2月23日第一小法廷判決 配当異議事件
「仮差押命令は、当該命令に表示された被保全債権と異なる債権についても、これが上記被保全債権と請求の基礎を同一にするものであれば、その実現を保全する効力を有するものと解するのが相当である。」と判示し、仮差押命令の申立時には被保全債権としなかった債権であっても、被保全債権と「請求の基礎の同一性」があれば、仮差押えの効力が及ぶことを認めました。

2月
セミナー 2012.02.22
小林章博弁護士の講演予定

2012年4月26日(木) 午後2時~4時
テーマ:「平成24年株主総会にむけた監査役の留意点」
会 場:メルパルクNAGOYA 2階「瑞雲」 
主 催:公益法人日本監査役協会中部支部

セミナー 2012.02.02
錦野裕宗弁護士の講演予定

2012年2月14日(火)13:30~16:30
テーマ:
保険会社等における苦情等への対応に係る実務上の留意点
―当局対応等の重要性の高まりや金融ADR等の近時の状況を背景に、監督当局の真の着眼点の見極めや実践的対応策など
会場:メルパルク東京 2F 楓(東京都港区芝公園2-5-20)
主催:ストック・リサーチ経営研究セミナー

1月
ニュース 2012.01.01
草深充彦弁護士・髙橋瑛輝弁護士・吉岡伸一弁護士の3名が入所しました。

髙橋瑛輝弁護士:http://www.clo.jp/lawyers/150/

吉岡伸一弁護士:http://www.clo.jp/lawyers/158/