ホーム > > 採用情報 > 若手弁護士インタビュー > 鍜治 雄一(新63期)

若手弁護士インタビュー

鍜治 雄一(新63期)


Q1. 得意な業務分野を教えて下さい。

 M&A案件に関与することが多く、デューディリジェンスやスキーム検討、契約交渉のアドバイスや契約書作成の他、法定開示書類や適時開示書類のレビューなども取り扱っています。M&A案件においては、それまで関与することのなかった業界や会社の実態を知るきっかけともなり、案件ごとに新しい発見がありますので、毎回、新鮮な気持ちで取り組むことができます。    
  また、創業者一族の株式の取扱いや将来に向けた会社の機関設計など、会社の事業承継をサポートさせていただくこともあります。会社の事業承継といっても、会社ごとに抱えている事情や背景は様々です。クライアントの方々と一緒になって、最適な方策は何かを模索し、頭を悩ますことも多く、時間もかかりますが、考え出した方策が奏功したときは、何とも言えない達成感を得ることができます。

Q2. 大阪事務所の雰囲気について教えて下さい。

 まず、弁護士同士の距離が近いということが特徴的だと思います。パートナーもアソシエイトも、ともに机を隣にして執務していますし、事件に取り組む際も、他の弁護士と共同で担当することが多く、若手弁護士は、先輩弁護士の姿を見て多くのことを学ぶことができます。実際、弁護士が集まって意見を交わしている姿を見ない日がないほどで、相談や意見交換のしやすい環境になっています。また、仕事以外の場面においても、食事や飲み会など弁護士同士が交流する機会もあり、一人一人の顔が見える事務所です。

Q3. 今後の目標について教えて下さい。

 入所以来、一般民事における交渉や保全・訴訟・執行はもちろん、M&Aをはじめとする企業法務や倒産事件、家事事件、刑事事件など様々な案件に取り組んできました。当事務所においては、入所してからすぐに、本当に様々な案件を担当することができますので、弁護士としての基礎力が自然に身についていきます。

  今後は、さらに金商法や上場規則のかかわる案件についても、経験を磨き、上場会社のM&AやTOB,エクィティ・ファイナンスなど、より一層の専門性が求められる分野においても、クライアントに最適なアドバイスを提供できるよう成長していきたいと考えています。

Q4. 入所希望者へのメッセージをお願いします。

 当事務所は、非常に業務の幅が広く、入所一年目でも、責任をもって、様々な案件を担当することができます。もちろん、仕事ですので、厳しいことも大変なこともありますが、同僚の弁護士と相談や意見交換を行い、案件に取り組む中で、一歩一歩、自分が成長していることを実感できる事務所です。
 皆様と一緒に働くことのできる日を楽しみにしています。