ホーム > > ウェブサイト「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

ウェブサイト「BUSINESS LAWYERS」に掲載されました。

大澤武史弁護士の記事「実務Q&A 従業員の労働時間を把握する義務はどこまで企業に求められるか」が掲載されました。

「実務Q&A 従業員の労働時間を把握する義務はどこまで企業に求められるか」

 

山田晃久のインタビュー記事「YouTuberヒカル氏のVALU売却騒動、利用規約改定でトラブルは防げるか」が掲載されました。

「YouTuberヒカル氏のVALU売却騒動、利用規約改定でトラブルは防げるか」

 

冨川諒弁護士、新澤純弁護士、鈴木啓市および新智博弁護士の執筆した「実務Q&A」が掲載されました。

・未消化の年次有給休暇を買い取ることはできるのか

・法定休日労働が翌日に及んだ場合における割増賃金の処理について

・「時間単位年休」の導入における注意点

・法定休暇と特別休暇の違い

 

大澤武史弁護士および山本一貴弁護士の執筆した「ブラック企業のリスト公表、弁護士はどう評価するか」が掲載されました。

「ブラック企業のリスト公表、弁護士はどう評価するか」

 

岩城方臣弁護士および冨川諒弁護士の執筆した以下の「実務Q&A」が掲載されました。

 

西中宇紘弁護士および冨川諒弁護士の執筆した以下の「実務Q&A」が掲載されました。

 

下西祥平弁護士、山本一貴弁護士および山越勇樹弁護士の執筆した「実務Q&A」が掲載されました。

 

大澤武史弁護士の執筆した「実務Q&A 改正労働基準法で新たに義務化が見込まれる有給休暇の強制取得とは」および「実務Q&A 定年後の再雇用者の年休日数は?」が掲載されました。

錦野裕宗弁護士の執筆した「解説記事  保険商品の販売勧誘に関する最新動向-「コミッションバイアス」、「フィデューシャリー・デューティー」を踏まえた特定保険契約の代理店手数料の自主的開示とは-」が掲載されました。

赤崎雄作弁護士の執筆した「アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務 第4回 紛争解決および強制執行のポイント」が掲載されました。

山田晃久弁護士の執筆した「エフオーアイ粉飾決算を巡る判決のポイント−上場時の主幹事証券会社にも初の損害賠償命令」が掲載されました。

小林章博弁護士の執筆した「実務Q&A 強制執行を行うために必要な債務名義とは」が掲載されました。

赤崎雄作弁護士の執筆した「【連載】アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務 第3回 知的財産法制とその実務」が掲載されました。

小林章博弁護士の執筆した「実務Q&A 債権回収における交渉や合意書締結にあたっての留意点」が掲載されました。

赤崎雄作弁護士の執筆した「【連載】アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務 第2回労働法の概要と実務上の留意点」が掲載されました。

大澤武史弁護士、山本一貴弁護士が執筆した、
以下の「企業法務のQ&A解説」が掲載されました。

・事業場外みなし労働時間制とはどのような制度か

・年次有給休暇に関する基本的な留意点

・「賃金」の支払いに関する基本的な留意点

・定額残業代制を採用・運用する場合の注意点

平山浩一郎弁護士、山田晃久弁護士、本行克哉弁護士が執筆した、以下の「企業法務のQ&A解説」が掲載されました。

・コーポレートガバナンス・コードにおける独立社外取締役について

・「コンプライ・オア・エクスプレイン」とは

・政策保有株式に関する方針等はどのように開示・説明するのがよいか

・取締役の利益相反に関する報告はどのように行うか

・株主総会招集にかかる取締役会決議事項を代表取締役へ委任できるか

金澤浩志弁護士の執筆した「障害者差別解消法が施行、事業者に求められることとは?」が掲載されました。

安保智勇弁護士の執筆した【連載】英文契約スキルアップ講義 ―第2回 “agree”や“will”、その英文で大丈夫?職務発明規定のポイント―」が掲載されました。

本行克哉弁護士の執筆した「【連載】金融機関を中心とした反社会的勢力への対応 ~第3回 反社会的勢力との契約関係の解消~」が掲載されました。

平山浩一郎弁護士の執筆した「企業法務のQ&A解説:取引基本契約書を作成する時に注意すべきポイントは」が掲載されました。

平山浩一郎弁護士、山田晃久弁護士、下西祥平弁護士、西中宇紘弁護士が執筆した、以下の「企業法務のQ&A解説」が掲載されました。

・新しい取引先と取引を開始する時に注意すべきポイントは? 

・法人保証をとる場合に注意すべきポイントは? 

・個人保証をとる場合に注意するべきポイントは? 

・動産譲渡担保権とは?どう実行して債権回収を図るべきか 

・債権譲渡担保権とは?どう実行して債権回収を図るべきか 

・動産売買先取特権とは?制度活用のポイントと回収の手法 

・取引先から債権回収するための方法は? 

・債権執行とはどのような手続きか 

・消滅時効についての民法改正の概要

・債権が消滅しないように時効を中断させるにはどうしたらよいか 

・連帯保証人の債務承認と時効の中断 

・強制執行を踏まえた訴訟手続の必要性

・取引先が倒産した場合、どのような情報を収集するべきか

 

國吉雅男弁護士の執筆した「【連載】改正犯罪収益移転防止法に企業はどう対応するべきか?」が掲載されました。

古川純平弁護士の執筆した「【連載】金融機関を中心とした反社会的勢力への対応~第2回 反社会的勢力との和解~」が掲載されました。

中務尚子弁護士の執筆した「営業秘密の管理をするために注意すべき法的問題と社内体制構築のポイント」が掲載されました。

加藤幸江弁護士の執筆した「裁判例から見る 企業が犯しやすい著作権侵害」が掲載されました。

錦野裕宗弁護士の執筆した「改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?」が掲載されました。

稲田行祐弁護士の執筆した「英国再保険法の重要トピックから学ぶ 再保険取引の法務入門」が掲載されました。

山田晃久弁護士の執筆した「独禁法上問題となり得る流通段階の取引行為とは?」が掲載されました。

金澤浩志弁護士の執筆した「テロ資金供与、マネー・ローンダリング対策の最前線」が掲載されました。

中光弘弁護士の執筆した「【連載】金融機関を中心とした反社会的勢力への対応~第1回 個人情報保護法における開示~」が掲載されました。

安保智勇弁護士の執筆した「英文契約スキルアップ講義 コンマ1つの違いが数百万ドルの損害に」が掲載されました。